屋根塗装の時期と施工業者について

TOP >  屋根塗装の時期と施工業者について

屋根塗装の時期と施工業者について

2017年3月28日|屋根一覧に戻る

定期的にメンテナンスを行うことでかえって修繕費を抑えることが出来ます。
では、屋根の再塗装のエスとタイミングはいつでしょうか?
今回は屋根の再塗装のタイミングと施工業者についてご紹介いたします。

屋根塗装のベストタイミングはいつ?

屋根の再塗装の目安は一般的に約10年と言われています。
しかし屋根材の種類やお住まいの地域やご自宅の環境、災害歴等によって異なります。

以下のような症状が出始めると、塗り替えを検討されると良いでしょう。
□屋根が退色してきた
□コケや藻が発生している
□金属部材の腐食が確認できる
□雨漏りしている
□ひび割れや破損している

これらの症状を放置していると、再塗装で済むところが葺き替えしなければならなくなり 修繕費用が高くついてしまう場合があります。
判断に迷われたら専門家に相談されることをお勧めします。

施工業者を選ぶときのポイント

悪質な施工業者に引っかからないためのチェックポイントをご紹介します。

①当日契約を結ばずに、考える時間を設ける
㈳日本住宅工事管理協会でもよくご相談を受けるのが、この「考える時間を与えてもらえない」というケースです。
「本日中の契約であれば○○はサービスします」「今日契約してもらえなければこの価格では工事できません」等、様々な営業トークで契約を結ばせるようです。
考える時間を与えて他社と比較されることを避けるためでしょう。
悪質なリフォーム業者を掴まないためには、十分に考える時間をとり、何社か見積もりをとって適正価格かどうかを調べることが重要です。

②他社と比較し適正価格かどうかを判断する
価格だけでなく工事内容や材料費など、一社からの情報で契約するのではなく他社と比較することで、その工事内容が無駄なく効率的であるのか、適正価格であるのかを把握することが出来ます。
中には、他社と比較されることを嫌がり当日契約を執拗に進める営業担当者もいるようですが、そういた手口に乗らないようにしましょう。

③自社施工の会社を選ぶ(もしくは第三者機関に業者選定をお願いする)
営業マンと施工会社が別会社である場合はトラブル発生のもとです。
お客様のご要望や契約内容が施工会社に引き継がれていない可能性があります。
また、施工会社も自社のお客様ではないので、手抜き工事や施工不良が行われるケースが大変多いのです。自社できちんと責任をもって施工する会社に任せることが重要です。

④(納得して契約した場合)追加工事の有無を確認する
※契約してしまったら(気持ち的に)簡単には契約解除することができません。
この心理を利用して、後から続々と追加発注を求めてくるリフォーム業者も存在します。
見積りの金額が極端に安い業者や、サービスで作業をしたがる業者には必ず「追加発注」を求めるケースが多いです!その場できちんと確認しましょう。

⑤見積書の内容をしっかりとチェック!曖昧な箇所は聞く
※工事部分の詳細が記載していなかったり、使用する材料を全て明記せず「材料一式」としている見積書が提出された場合には気を付けましょう。
しかし、中には悪質業者でないふつうの業者もこういった見積書を提出する場合がありますので、見積書について直接(困難な場合には電話やメール) 説明を求めましょう。
説明が曖昧な場合や、素人といって説明を省略する業者に頼んだりすると、トラブルが発生する可能性が高くなります。
担当者には各工程の説明を受け、それぞれの部分での金額を提示してもらいましょう。
この点を曖昧にしてしまうと、後で思わぬ追加料金が発生するかもしれません。
※㈳日本住宅工事管理協会では、急増する施工料金吊り上げに対して、無料でお見積り書チェックも行っております。

屋根塗装に関するご相談は当協会へ

住宅工事を行う際には事前にしっかりと施工調査を行い、調査結果に基づいた施工計画を立てることが重要です。
住宅工事はその専門性の高さから、どの工事の場合にどの工法が適切であるのか、その判断は容易ではありません。
一般社団法人 日本住宅工事管理協会では、深刻な不具合が生じてからではなく、日ごろの定期点検をきちんと行い、各建物ごとのデータに基づき修繕 計画を立てられることをお勧めしております。
当協会では、政府における中古住宅の流通促進とともに徐々にその認知度が高まってきている「ホームインスペクション」の他に、当協会専属の建築士 が建物やご自宅の不具合に関するご相談をお受けする「建築相談」なども承っております。
住宅工事に関するお悩みはもちろん、ホームインスペクションや住宅用太陽光発電、電力自由化等のご相談は、お気軽に(社)日本住宅工事管理協会までお問合せ下さいませ。

一覧に戻る

ページトップへ戻る