ホームインスペクションの役割と活用方法について

TOP >  ホームインスペクションの役割と活用方法について

ホームインスペクションとは?

中古住宅市場の活性化に伴い、近年急速に注目されている「ホームインスペクション」は、「住宅診断」や「住宅点検」とも呼ばれています。ここでは、ホームインスペクションとは具体的にどんなサービスなのか?の疑問を解決します。

ホームインスペクションとは、住宅の専門家が第三者の立場で客観的に住宅の状態を評価するサービスです。

基本的に目視調査(国土交通省による「既存住宅インスペクション・ガイドライン」では、一次的なインスペクションと位置付けられています)を基本としており、私たち人間の体で言うと、健康診断にあたります。

ホームインスペクションにより調査対象物件に何らかの不具合や劣化症状等が発見された場合には、修繕や補修のため、更に詳細の検査を受ける必要があり、これは「二次的インスペクション」と位置付けられています。
二次的インスペクションは、破壊調査を伴う耐震診断等が当てはまります。

つまりホームインスペクションとは、目視・触診による非破壊調査により不具合・劣化症状の有無といった、対象物件の現状を正しく知ることを目的としております。


ホームインスペクションの役割と活用方法

ホームインスペクションが担う役割は多岐に渡ります。
具体的には下記のケースが挙げられます。


①物件の購入時

住宅取得をご検討の一般のお客様はもちろん、新しくビルやマンションのご購入を検討されているオーナー様にもご活用頂けます。

本当にその物件を購入してもよいのか、購入後の具体的な修繕箇所、修繕にかかる費用の目安、工法、工期について、専門家による具体的なアドバイスを受けることができます。
また、調査後に送付される調査報告書は、物件購入後から売却時まで維持管理・保管の記録とともに大切に残しておくことで、物件の価値を高めることができます。


②物件の売却時

ご入居中の戸建・マンションの売却をご検討の方はもちろん、ビルやマンションのオーナー様にもご活用頂けます。

近年、物件売却時にホームインスペクション等の住宅診断の報告書を査定項目に追加する不動産業者も増加の傾向にあります。
売却を検討している物件の維持管理状況が分かるデータを保持することで、売却時に有利に交渉を進めることができます。


③現在入居中の物件調査

現在お住まいの戸建住宅、マンションに何らかの不具合や劣化症状等の不安をお抱えの方はもちろん、ビルやマンションのオーナー様にもご活用頂けます。

不具合や劣化症状の進度や危険性、修繕時期やその方法、修繕にかかる費用の目安、工法、工期等、専門家による具体的なアドバイスを受けることができます。


④リフォーム・リノベーション時

現在お住まいのご自宅のリフォームやリノベーションを検討されている方はもちろん、ビルやマンションのオーナー様にもご活用頂けます。

対象物件の調査を行い、ご希望のリフォーム内容に合わせたアドバイスを受けることができます。
調査の結果として修繕の必要があった場合には、ご希望のリフォーム内容に合わせた修繕計画の提案、それにかかる費用と工期の目安、工法等、専門家の視点でアドバイスをします。
リフォーム・リノベーション前にホームインスペクションを受けることで、資金計画が立てやすくなります。


ホームインスペクションが不可欠な住環境になりつつある

中古住宅の流通促進に伴い、徐々に認知度が高まってきたホームインスペクションですが、まだまだ十分に活用されているとは言えない状況です。
それは、「新しい住宅を作っては壊す」という新築偏重の意識が、社会の中でまだまだ内在しているためでしょう。

これからの日本の住環境は、「長持ちする優良な住宅を作り、適切な維持管理により大切に守り、後世に引き継ぐ」といった「循環型社会」へと大きく変わっていきます。

ご自宅をお持ちの方、購入・売却を検討されている方、それぞれの立場の方が改めて意識し、住まい方を見つめ直す必要があります。

ページトップへ戻る