ホームインスペクションとは

TOP >  ホームインスペクションとは

ホームインスペクションとは▼ホームインスペクターの正体▼調査・診断内容▼どんな時期に行えばいいのか▼

ホームインスペクションとは

ご自宅のこと、どれだけ知っていますか?

住宅は、様々な影響を受けて日々傷んでいきます。
外壁のひび割れ、階段手すりのぐらつき、塗装やクロスの剥がれ、排水管の小さな割れなどなど、色々な問題を抱えています。

皆様は本当に、今住宅に何が起こっているか把握できていますか?

問題は目に見える箇所だけで起こっているわけではありません。
屋根裏や床下など通常では触りにくく、ご自身ではなかなか発見できない箇所も、住宅に精通した「ホームインスペクター」が皆様に代わり、プロの視点で住宅をチェックします。

海外ではさかんに取り入れられており、日本でも注目されてきているホームインスペクションは、住宅の状態を知ることができる「住宅診断」なのです。

ホームインスペクションを活用しよう!

ホームインスペクションを行いご自宅の状態をきちんと知ることで、次のことが分かります。

分かること メリット
①修繕・補強の必要な所 本当に必要な補修工事、またはリフォームができる
②修繕・補強にかかる費用 資金計画が立てやすくなる
③修繕・補強工事のタイミング 適切なタイミングで工事を行うことにより、コストを抑えることができる

ご自宅に何かしらの不具合を発見した場合、多くの方は修理や補修を依頼するでしょう。
緊急を要する事態でなければ、すぐに修理をせず後回しにしてしまうこともあるかもしれません。

必要な時期に必要な工事を行わず、劣化部分が悪化したことにより、結果として工事に高い費用がかかるという場合も考えられます。

ホームインスペクションを活用することで、適切なタイミングで修繕・補強の工事にあたることができ、住宅全体での修繕・補強の必要な箇所が明らかになるため、漠然と考えていた工事時期が明確になり、資金計画が立てやすくなります。

ホームインスペクターの正体

ホームインスペクターはどのような人たちなのか?

実際にホームインスペクションを行う多くの方が住宅業に従事しており、ホームインスペクションのみを行っている方は非常に少ないのです。
過去数多くの住宅に携わり、住宅建築に関するノウハウを提供できるインスペクターが行うからこそ、住宅本来の姿をプロの視点から明らかにできるのです。

ホームインスペクターの職業例をご紹介致します。

一級・二級建築士 設計・工事監理者 施工管理技術士 現場監督者 住宅メンテナンス診断士
気密測定技術者 防犯設備士 既存住宅現況検査技術者 宅地建物取引主任者

当協会のホームインスペクターに任せて安心な理由

皆様に安心して住宅診断を受けて頂けるのは、特別な訓練を受けた当協会のホームインスペクターが豊富な知識と経験を持ち、実際の現場で起こる様々な状況に対応できるからです。
住宅に関する幅広い見識と豊富な現場経験、また、ホームインスペクションにおける専門性の高い知識とインスペクションの現場で培ったノウハウ、そしてその上に成り立つ数多くの実績を持つホームインスペクターこそが、診断後の安心や不安の解消といった、満足のいく結果に繋がるのです。



調査・診断内容

ホームインスペクションの調査・診断の内容

ホームインスペクションは項目にしたがって、目視にて調査を行います。
調査箇所ごとに細かな項目が設けられており、ご自宅の状況を確認することができます。

調査項目

屋外 室内 床下
小屋根 天井裏 設備

調査内容

屋外

外壁のひび割れや塗装の剥がれなどの見た目に表れやすい箇所の劣化は美観を損ねるだけではなく、ひび割れ箇所からの水分の侵入などにより壁内部の腐食が進むなど、耐久性にも支障をきたす場合があります。

確認項目

  • 基礎部分のひび割れ、著しい欠損
  • 鉄筋の露出、浮き、剥がれ
  • 蟻道の有無
  • 外壁のひび割れ、欠損、剥がれ、変色やコケの発生、腐食、隙間、ずれ、サビ、浮き、雨漏り
  • 雨樋の破損、つまり、はずれ、ひび
  • 軒裏のひび割れ、欠損、ひび割れを伴う浮き、剥がれ、雨漏り、腐食
  • バルコニー防水層の破断、支持部分の欠損、支持部分の腐食、床の沈み、床の欠損、床の腐食、手すりのぐらつき、サッシ周囲の隙間、面格子のぐらつき、サビ、腐食、転落防止用手すりなどのぐらつき、網戸の動作不良
  • 外部階段の構造体や支持部の欠損、取付け部の破損、踏面の腐食、破損、転落防止用手すりのぐらつき、支持部分の腐食

室内

壁面クロスの剥がれや防水層の浮きなどの軽微な症状から、床の傾きや天井の腐食などの極めて重大な症状をきたす場合があります。

確認項目

  • 壁、柱および梁のうち屋内に面する部分および壁面の仕上げのはがれ、腐食、カビ
  • 仕上げ材の割れ、浮き、剥がれ、ひび割れ
  • 床の割れ、剥がれ、浮き
  • 天井壁紙などの剥がれ、亀裂、腐食、カビ、ひび割れ、欠損
  • 階段の著しい沈み、きしみ、踏面の傾き、建具の動作不良、反り、変形

床下

目に見えない部分ですが、家を支える土台です。
劣化事例としては、シロアリによる食害、水漏れ、湿気によるカビの被害などが予想されます。

確認項目

  • 土台および床組の構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ、腐朽、サビ、木材含有水分率、基礎のうち屋外に面している立ち上がり部分の基礎立ち上がりのひび割れ、鉄筋の露出、欠損
  • 基礎のうち耐圧盤および屋外に面しない基礎立ち上がり部分の基礎立ち上がりのひび割れ、鉄筋の露出が伴う欠損、防湿処置、腐食を伴う著しい隙間
  • ベタ基礎(耐圧盤)のひび割れ、鉄筋の露出が伴い欠損
  • 束のゆるみ、浮き、腐食
  • 災害履歴、漏水などのあと、火災などのあと、蟻害のあと

小屋根・天井裏

代表的な劣化事例といえば雨漏りによる天井裏の水染みです。
また換気扇などのダクトの接続不良や、湿気による結露など、普段見ることができない箇所ならではの問題があります。

確認項目

  • 梁桁および小屋組の構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ
  • 金物の不足や緩み、腐朽
  • 鉄骨造のサビ
  • 換気ダクトの接続不良
  • 各階間の天井裏の構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ、腐朽、サビ

設備

給排水設備や電気設備などの設備系は住宅の中でも劣化が進みやすい箇所です。
劣化の進行度合いにより、ポンプ類・配管類・受水槽などの設備は取り替えが必要になる場合も想定されます。

確認項目

  • キッチンの著しい給水量不足、床上の漏水
  • 封水の吸引または吹き出し
  • 給排水設備全般、換気設備の動作不良
  • 洗面の著しい給水量不足、床上の漏水
  • 浴室の著しい給水量不足、漏水
  • トイレの著しい給水量不足、漏水
  • 電気温水器など機器周辺の漏水
  • 最終枡(敷地内)の著しい堆積物、内部の隙間
  • 火器使用質の火災報知器設置(今・階段室など)他

※高所での確認の場合は、1.2メートル程度の脚立を使用して安全に確認できる範囲となります。予めご了承下さいませ。


調査で使用する機材

  • 水平器
  • 点眼鏡
  • 双眼鏡
  • 打診棒
  • 脚立
  • 単眼鏡
  • 木材含水率計
  • クラックスケール
  • レーザーレベル
  • コンベックス

※住宅に傷をつけにくくするために、保護カバーを使用する場合もございます。


さいごに

ホームインスペクション実施後の調査・診断内容につきましては現場でもご報告させて頂きますが、写真付きの詳細結果資料を後日ご依頼者さま宛てに送付させて頂きます。
資料につきましては、下記「報告書の雛形公開」をご参照下さいませ。

詳細な調査報告書のサンプルはこちら

報告書の雛形(PDF資料)

どんな時期に行えばいいのか

ホームインスペクションおすすめのタイミング

住宅を長持ちさせるためには、まずはホームインスペクションを活用して住宅の状況を正確に知る必要があります。
しかしやはり、何かきっかけがないと依頼はしにくいものです。

㈳日本住宅工事管理協会では、以下のタイミングでのホームインスペクション実施をおすすめしております。

 

 

(1)新築物件購入時・内覧会同行(売買契約後・建物完成後)

プロの視点で調査・診断をするため、安心して引き渡しを受けることができます。
また、万が一問題があった場合、修繕の必要があった場合でも買い手側に負担がかかりません。

(2)建売物件購入時(売買契約前・建物完成後)

購入する建物に問題がないかどうかを専門家に診てもらうことにより、安心感を得られます。
また、欠陥住宅を購入してしまうリスクを回避することができます。

(3)中古物件購入時(契約前)

本当に購入しても良いのか、物件の特徴を知った上で判断することができます。
また、購入後にどれくらいの修繕・補強費用が必要になるか把握できます。

(4)リフォーム・住宅工事の検討時

住宅工事前に調査を行うことで本当に必要な工事かどうかがわかります。

(5)リフォーム・住宅工事の完了後

住宅工事完了後に調査を行えば工事に問題がなかったことがわかります。
※問題があった場合、やり直しを依頼することも可能です。

(6)築年数10年ごと

築年数10年毎に調査を行うことで修繕を行わないといけない箇所、時期、費用が明確になります。
住宅の寿命や価値を高めることができます。

(7)既存住宅の劣化症状発見時

住宅の劣化は目に見える部分だけではありません。
また、劣化部分を修繕・補強するためには、その原因を究明することが重要です。
ホームインスペクションを活用して原因を特定することで、適切なメンテナンスを選択することができます。

 

まとめ

当協会のホームインスペクションは、住宅工事に伴う診断を得意としています。

住宅工事前に調査を行うことで本当に必要な工事かどうかが分かります。
住宅工事完了後に調査を行った場合には、工事に問題がなくその後の生活が安心できます。
※問題があった場合、やり直しを依頼することも出来ます。

ホームインスペクションを活用するメリットは様々です。
上記のタイミングに当てはまった方は是非、ホームインスペクションをご検討下さいませ。

Menu

運営会社情報

ページトップへ戻る