最適な工事を行うための工事計画の作成サポート

TOP >  最適な工事を行うための工事計画の作成サポート

日本住宅工事管理協会の工事計画作成サポート

住宅は年々傷んでいくため、どこかのタイミングで修繕やメンテナンスを行う必要があります。

どのタイミングで修繕やメンテナンスを行うかは決まっておらず、皆様のご自宅の状況に応じて工事をしないといけないのですが、ほとんどの方が住宅の状況を把握しておらず、いつ工事を行うのが一番いいのかが分かっていないのが現状です。

劣化の中には雨漏りのように被害が目に見えるようになってからでは劣化などの症状がだいぶ進行していることがあり、気付いたときに修理をすると高額な費用がかかる場合があります。

このような状況を防ぐためにはプロの目で厳しく住宅をチェックし、現状に合わせてきちんと工事計画を作成する必要があります。

日本住宅工事管理協会では住宅のチェックと工事計画の作成を第三者の立場で行っています。


工事計画を作るメリット


  • 最適な工事方法がわかる
  • 最適な工事タイミングがわかる
  • 適切な費用がわかる
  • 住宅の寿命を長くすることが出来る

日本住宅工事管理協会ではホームインスペクターの派遣をさせていただきました方には無償にて工事計画書の作成をさせて頂いております。


工事計画が出来るまでの流れ

工事計画はホームインスペクターが作成した診断書に基づいて作成を行います。
以下に、工事計画を作成するまでの流れをご説明させて頂きます。

① ホームインスペクターの派遣

ホームインスペクターが行う住宅の調査は3~4時間程度のお時間を頂きます。
お住まいの方にもわかりやすく説明を行いながら該当箇所のチェックを行っていきますので日頃気になっていることなどがありましたらお気軽にご相談ください。

② 診断書の提出

住宅調査の結果を「診断書」「工事計画書」の2つの資料にまとめてご提出させていただきます。ご提出は「メール」か「郵送」で対応させていただいております。

③ 工事計画書の提出

「診断書」「工事計画書」がお手元に届いたタイミングで当協会からお電話にて詳細のご説明をさせていただきます。診断書だけではわかりにくい点もしっかりとご説明させていただきます。 見ていただきご不明な点がありましたらお気軽にご質問ください。

提出資料

50ページを超えるご自宅の調査資料・工事計画資料をご提出いたします。

 

 

この記事に関連のあるコンテンツ

ページトップへ戻る