その結露、放っておくと大変なことになります!

TOP >  その結露、放っておくと大変なことになります!

その結露、放っておくと大変なことになります!

2016年12月12日|その他一覧に戻る

温度が急激に低下して空気中の水蒸気が水になることを「結露」といいます。
冬は特に窓際など結露が起こりやすい環境になりますが、放っておくと健康被害も。
今回は、冬場の結露についてご紹介いたします。

結露はどうして起こるの?

温度が急激に低下して空気中の水蒸気が水になったものを結露といいます。
空気は、温度が高いほど多くの水蒸気を含むことが出来ますが、温度が下がってしまうと許容しきれなくなった水分があふれてしまい、これが結露となるのです。
では、冬場結露が起こりやすいのはどうしてでしょうか?
それは、室内と室外の気温差です。
外が寒く、窓ガラスや外壁が冷たくなっているのに対し、室内は暖房等により暖かく、空気中の水蒸気量が多くなっています。
また窓を閉め切っている時間が長く十分に換気できていないため、湿気が溜まりやすくなっており、この湿気により結露が生じるのです。
つまり、冬場は換気の階数が少なくなりがちであること、室内外の気温差が激しいことにより結露が生じやすくなっているといえます。

結露を放置するとアレルギー被害が起こる!?

冬の間に使う暖房の影響により、室外との温度差で窓ガラスやサッシに水滴が出ます。
乾燥を防ぐために使用する加湿器によって、さらに室内に発生する水蒸気量は増加します。
こまめに換気を行い、結露によるカビの発生を防ぎましょう。
ハウスダストアレルギーの症状を抑えるためには、こまめに掃除を行うことはもちろん、住環境を整えることが重要です。
例えば、カビや細菌の発生を抑えるために、現在起こっている不具合を解消する(補修する)ことや、結露を防ぐために室温を一定に保つといったことです。
それから最も重要なことは、まずはハウスダストアレルギーの症状の発生する原因を特定することです。
原因を特定し、改善に努めることで人体への影響ははるかに軽減されます。

結露によるご自宅のトラブルは(社)日本住宅工事管理協会へ

住宅は建築後から様々な外的影響を受けて劣化進行します。
劣化や不具合の程度に合った補修はもちろん必要ですが、補修やリフォームを行うにはタイミングが重要です。
リフォーム等の住宅工事を行う際には事前にしっかりと施工調査を行い、調査結果に基づいた施工計画を立てることが重要です。
住宅工事はその専門性の高さから、どの工事の場合にどの工法が適切であるのか、その判断は容易ではありません。
一般社団法人 日本住宅工事管理協会では、深刻な不具合が生じてからではなく、日ごろの定期点検をきちんと行い、各建物ごとのデータに基づき修繕計画を立てられることをお勧めしております。
当協会では、政府における中古住宅の流通促進とともに徐々にその認知度が高まってきている「ホームインスペクション」の他に、当協会専属の建築士が建物やご自宅の不具合に関するご相談をお受けする「建築相談」なども承っております。
住宅工事に関するお悩みはもちろん、ホームインスペクションや住宅用太陽光発電、電力自由化等のご相談は、お気軽に(社)日本住宅工事管理協会までお問合せ下さいませ。

一覧に戻る

ページトップへ戻る