ホームインスペクションでリフォーム計画

TOP >  ホームインスペクションでリフォーム計画

HI診断書があるとフォーム計画に大役立ち!

画像ホームインスペクションを行うと50ページにわたるご自宅の診断書を作成いたします!



ホームインスペクションを利用した、リフォームの流れ

①ホームインスペクションを行うと、
家の隅々まで劣化状態を知ることができます

緊急工事が必要な部分だけでなく、先々の工事が必要な箇所もわかります。
※ホームインスペクションについて詳しくは「ホームインスペクションとは」



②それにより、修繕工事箇所の特定ができる。

ホームインスペクターがあなたのお家の診断書を作成いたします。
※すでにリフォーム箇所が決まっている方は「部分インスペクションのご案内」


報告書内容



③診断書ができることで、リフォーム計画が立てやすくなる

  などなど、アイディア色々!



50ページに及ぶ診断書の中身は・・・?

住宅の【過去】【現在】【未来】がわかる

①住宅カルテ

⇒住宅の過去がわかります。

・住宅履歴情報と呼ばれる、住宅工事情報の記録を蓄積した書類です。国土交通省も住宅の長寿化のために普及を推奨しています。 ■外部リンク■国土交通省「住宅履歴情報の整備検討について」


②報告書

⇒住宅の現状が分かります。

※詳しくは「ホームインスペクションの調査・診断の内容」


③10年工事計画書

⇒住宅の未来が分かります。



ホームインスペクションでリフォーム計画をたてる

 

ページトップへ戻る