ホームインスペクションの対象となる方

TOP >  ホームインスペクションの対象となる方

住宅のお悩みあれこれ

「普段見られない場所が実際どんな状況にあるのか分からない」
「一度、専門家にきちんと診てもらいたい」
「リフォームを検討している」
「暴風雨の影響受け、痛んでいる箇所がないか心配している」
「壁のひび割れや配管の詰まりなど、住宅の劣化が気になっている」
「建ててから年数が経過しており、不良個所があるかもしれない」
「住宅の保証が切れる前に不良箇所を特定し、工事を済ませておきたい」

などなど、住宅に関する悩みは尽きないものです。
ホームインスペクションを受けてもらいたい方を以下にまとめました。

ホームインスペクションをおすすめしたい方

 

 

(1)新築物件の購入をご検討中の方

マイホームは誰もが一度、夢みるものでしょう。
そしてそのほとんどの方にとって、一度きりの大きな買い物となります。
長く安心した住宅を購入したい、欠陥住宅ではないか、など、悩みはつきものです。
新築物件をご検討中の方にホームインスペクション(内覧会同行)を活用頂くことで以下のメリットがあります。

メリット

・欠陥住宅の購入を避けることができる
・購入する建物に問題がないかどうかを専門家に診てもらうことにより、安心感を得られる
・買い手側の目線での建物情報を教えてもらえる


(2)中古物件の購入をご検討中の方

ここ数年で、中古物件の流通の増加が著しく目立ってきています。
中古物件を購入してリフォームしたり、自分好みの空間にリノベーションする傾向にあるためです。
しかし中古物件を購入するにあたり、やはり気になるのは修繕についてです。
どの部分に、いくら、どのくらいの期間工事が必要なのかどうか、ホームインスペクションを活用することで明確になります。
また、購入するかどうかの判断材料としてもお役立て頂けます。

メリット

・ご入居後に発生しうるトラブルを未然に防げる
・建物の劣化状況、劣化程度が分かる
・リフォームや修繕の必要な箇所、時期、おおよその金額が明確になる
・中古住宅のメリット・デメリットを知った上で購入の判断できる


(3)リフォーム・住宅工事をご検討中の方

住宅を購入し、長く住むと必ずといっていいほどリフォームを考えられる方も多いのではないでしょうか。
リフォームを検討する中で判断に困ることは、その場所と時期です。

最近では、工事内容を提案する際に本来ならば必要のない工事を提案するといったケースも多々見られます。
一方で、まとめて工事をしておけば総コストを抑えられるような工事や、早めに修繕しておくべき工事に気付かず提案しないリフォーム業者が存在するのもまた事実です。

リフォーム・住宅工事を行う前にホームインスペクションを活用頂いた際のメリットをご紹介いたします。

メリット

・本当に必要な工事箇所が分かる
・緊急性に応じてリフォーム・修繕計画が立てられる


(4)築年数20年を超えた住宅にお住まいの方

一般的に日本の住宅の寿命は30年といわれています。
そう言われる理由として、住宅の価値基準の問題が挙げられます。

日本における「住宅の寿命が30年である」というのは、建物の性能の問題ではないのです。
「100年住宅」という言葉も出てきているように、建物は30年で使えなくなるということでは全くなく、主要な部分のメンテナンスさえしっかりすれば、構造体自体は頑丈で100年は十分に持つということなのです。

ただし、「住宅の寿命が30年と言われるゆえんは日本の税制が背景にある」と述べましたが、購入後20年も経つと各所に劣化が生じてきます。

住宅を長く快適に維持するためには、ホームインスペクションを活用して適切なメンテナンスを行うことが不可欠です。

メリット

・本当に必要な工事箇所が分かる
・緊急性に応じてリフォーム・修繕計画が立てられる


(5)住宅保証10年をもうすぐ迎える方

「住宅の10年保証」とは、引き渡し後から10年間に何らかの欠陥が見つかった場合、工務店や業者に対して無償補修が義務付けられるという内容です。

つまり、ホームインスペクションを活用することで明らかになった問題箇所は、引き渡し日から10年以内であれば工事費用を負担せずに済むのです。

住宅保証期間が終了してからでは、修繕費用が余計にかかってしまいます。
10年を迎える前にホームインスぺクションを活用して、かしこいリフォーム計画を立てましょう。

メリット

・本当に必要な工事箇所が分かる
・早期に住宅の欠陥を発見した場合には、費用の負担が減る可能性がある


(6)自然災害による被害を受けたことがある方

「災害大国」を言われる日本では、地震だけではなく、近年では猛威を振るう台風やゲリラ豪雨、竜巻も多く発生しています。

そうでなくても日々劣化する建物が、特異な自然災害が発生した場合、建物が受ける影響は計り知れません。
見た目の影響は少なくても、内部は深刻な状況に陥っている場合もあります。

特に大きな被害を受けていない住宅でも、ホームインスペクションを受け、住宅の状態を知る必要があるのです。

メリット

・見た目では分からない劣化部分が明らかになる
・本当に必要な工事箇所が分かる
・早期発見により、大幅に修繕費用が減る場合がある


(7)住宅を購入して5年前後の方

築年数により程度の差はありますが、住宅は建築後約3~10年で劣化し始めます。
しかし、実際になんらかの不具合を発見しても、その進行度合いや範囲まではなかなか分からないものです。
ホームインスペクションを活用して頂くことで問題の箇所だけではなく住宅全体の状態が分かり、その後の修繕・補強について効率的に計画を立てることが出来ます。

メリット

・見た目では分からない劣化部分が明らかになる
・本当に必要な工事箇所が分かる
・早期発見により、大幅に修繕費用が減る場合がある


まとめ

ホームインスペクションは住宅の「健康診断」であります。
状態を把握し必要なメンテナンスを行うことで、住宅は100年もつと言われています。
住宅における「健康診断」を受けた結果、問題箇所がないと分かった場合でも、ホームインスペクションを行ったからこそ、安心・安全を確認することができるのです。
一度、住宅をプロに診断してもらってみてはいかがでしょうか?

 

この記事に関連のあるコンテンツ

ページトップへ戻る