住宅のお悩み相談と業者選定について

TOP >  住宅のお悩み相談と業者選定について

住宅のお悩み相談と業者選定について

2016年12月28日|ホームインスペクション一覧に戻る

住宅は様々な外環境から人々の暮らしを守り、私たちが生活を営むための基盤です。
住宅を購入される方、これから建てる方、リフォームを考えている方、ご自宅の劣化にお悩みの方… 住宅を取り囲む環境は人により様々です。
専門性の高い知識が必要であるからこそ、そうしたお悩みにはプロに相談したいところですね。

住宅のお悩みはさまざま!

住宅についてのお悩みは、入居後年数がたつにつれて増えていくものの、専門性の高い知識が必要となるため、どのような機関にどんなタイミングで相談すれば良いのか分からないといったお声をよく頂きます。
住宅に関するお悩みで、以下に該当される方は(社)日本住宅工事管理協会までお気軽にご相談下さいませ。

①住宅の購入・建築を検討されている方
□欠陥住宅の見分け方が分からない(新築・中古)
□内覧会に同行してもらいたい!(新築)
□手抜き工事が行われていないかチェックしたい!
□出来上がった住宅に施工不良がないかどうか調べたい(新築)
□施工不良と許容範囲内の違いが分からない(新築・中古)
□安心して引き渡しを受けたい(新築・中古)
□入居後のトラブルを未然に防ぎたい!(新築・中古)
□本当に購入してもいい住宅かどうか分からない(新築・中古)

②住宅の売却を検討されている方へ
□ご自宅の売却を有利にすすめたい
□少しでも高く売りたい
□ご自宅の本当の価値を知りたい
□不動産会社と対等に売却の話をすすめたい
□次に住まう人には、住宅の正しい価値を知ってもらいたい(行き届いた維持管理状態である等)

③リフォームを検討されている方へ
□予算の範囲内で満足のいくリフォームを希望している
□リフォームにかかる工事の相場が分からない
□リフォーム詐欺にひっかからないか心配だ
□リフォーム業者の選び方が分からない・不安がある
□リフォームの訪問営業に自宅の不具合を指摘されたがすぐに修理が必要かどうか悩んでいる
□将来のライフプランに合わせた賢いリフォーム計画を立てたい
□リフォームの優先順位が分からない
□リフォームのための資金計画の立て方が分からない

④現在お住まいの住宅の劣化・不具合にお悩みの方へ
□劣化症状や不具合を発見しているが、どうすればいいか分からない
□補修のタイミングが分からない
□補修や修理にかかる金額を知ってから考えたい
□補修や修理の相場が分からない
□修繕を頼める業者の選定に困っている
□訪問業者に修理を勧められたが、本当に必要なのかどうか判断に困っている
□自宅の状況や資金計画に合わせた補修計画を立てたい
□無駄のない修繕工事を行いたい

いかがでしょうか?
上記の項目に当てはまった方は、一度(社)日本住宅工事管理協会までお気軽にご相談下さいませ。

住宅に関わる業者も様々!

住宅に係る工事には様々な種類のものがあります。
状況としては、新築工事、リフォーム工事、修繕工事が主な工事タイミングでしょう。
いずれの場合も、住宅工事には多様なトラブルが報告されています。
なぜなら、住宅工事には専門的な知識が必要となり、工事が完了しても本当に適切な工事だったのかどうかを判断することが容易ではないためです。
悪質な業者にかかってしまった場合、施工不良や手抜き工事が行われ、法外な工事費用を請求された挙句、適切な施工ではないため再度別の業者を探し、工事を行わなければならなくなった、というケースも残念ながら多数報告されています。
このような悪質業者にひっかかってしまわないためにも、工事を行う業者選定は非常に慎重に行わなければなりません。
優良業者を見極めるポイントとしては以下の通りです。

①必要な工事に関して、工法をきちんと丁寧に説明してくれる
建築主である施主や売却を検討されている売主、ご自宅の持ち主は、建築に関する専門的な知識を持っていないことが多いです。 住宅工事自体、そう頻繁にするものではありませんし、決して安くない金額を支払うわけですから、住宅工事に関する疑問点はすべて解決することが大切です。
悪質な業者の場合、本当に必要な工事ではないのに工事を行うケースや、本来の工事に必要のない高価な材料費用を請求したりと、工事に関して何かと不明瞭な点が多いようです。

②他社と比較し、考える時間を設けてくれる
㈳日本住宅工事管理協会に寄せられる悪質工事業者に関するご相談で最も多い手口が、「考える時間を与えてもらえない」というケースです。
「本日中の契約であれば○○はサービスします」「今日契約してもらえなければこの価格では工事できません」等、様々な営業トークで契約を結ばせるようです。 考える時間を与えて他社と比較されることを避けるためでしょう。
優良な工事業者の場合、このような早急な回答を求めることはありません。
十分に考える時間をとり、何社か見積もりをとって適正価格かどうかを調べることが重要です。

③工事にかかる材料費や人件費等、費用を明確にしている
工事部分の詳細が記載していなかったり、使用する材料を全て明記せず「材料一式」としている見積書が提出された場合には気を付けましょう。
しかし、中には悪質業者でないふつうの業者もこういった見積書を提出する場合がありますので、見積書について直接(困難な場合には電話やメール) 説明を求めましょう。
説明が曖昧な場合や、素人といって説明を省略する業者に頼んだりすると、トラブルが発生する可能性が高くなります。
担当者には各工程の説明を受け、それぞれの部分での金額を提示してもらいましょう。
この点を曖昧にしてしまうと、後で思わぬ追加料金が発生するかもしれません。

④自社施工である
営業マンと施工会社が別会社である場合はトラブル発生のもとです。
お客様のご要望や契約内容が施工会社に引き継がれていない可能性があります。
また、施工会社も自社のお客様ではないので、手抜き工事や施工不良が行われるケースが大変多いのです。
そのため、当然のことではありますが、自社できちんと責任をもって施工する会社に任せることが重要です。
※㈳日本住宅工事管理協会では、第三者機関として、お客様に合った最適な工事業者をご紹介しております。
当協会独自の厳しい選定基準をクリアした、優良業者のみをご紹介しております。

(社)日本住宅工事管理協会がお悩みを解決します!

一般社団法人 日本住宅工事管理協会が目指すのは、「ご自宅のかかりつけ医」です。
住宅工事は、その知識格差が激しいという特性上、悪質な業者に付け込まれやすい業界であります。
住宅に関するお悩みをお持ちの方は、当協会にご相談下さいませ。
専門性の高い知識と豊富な現場経験を積んだ当協会の建築士が、プロの視点からお客様のお悩みを解決致します。
㈳日本住宅工事管理協会は、施主様にとってよりよい工事選択ができるよう、全力でサポートさせて頂いておりますので、ご自宅に関するお悩み・心配事は、どんな些細なことでも当協会にご相談下さいませ。

一覧に戻る

ページトップへ戻る